いぶきの実の効果的な飲み方はこれ!

 

いぶきの実は、医薬品ではなく栄養補助食品なので特にいつ飲まなければいけないというきまりはありません。
ですがせっかくなら一番効果的に飲みたいですよね。

 

ここではいぶきの実のおすすめの飲み方を紹介します。

 

いぶきの実は1回にどれくらい飲めばいい?

いぶきの実の1日の目安は2〜4粒になります。
目安量の範囲で、自分の身体と相談しながら自分に合った用量を服用してください。

 

基本の推奨量は2粒なのでまずは2粒から始めてみましょう。
もっと効果がほしい人は4粒へと増やしてみてください。

 

効果を軽減させないために、服用の際には刺激の多いアルコールやカフェインを含んだ飲み物を避け、水またはぬるま湯で服用しましょう。

 

いぶきの実を飲むタイミングは?

 

また、服用のタイミングも、1日のうちの好きな時間で大丈夫です。
服用のタイミングに決まりがないことも魅力の一つですが、効果を最大限に引き出せるタイミングは夕食後になります。

 

いぶきの実には、コエンザイムQ10という成分が配合されています。
このコエンザイムQ10には2つの特徴があり、まず1つ目は、体内に吸収されるまで3〜4時間くらいかかってしまう点です。
この「服用してから3〜4時間後」を入眠のタイミングに合わせることを考えると、夕食後が適しています。

 

2つ目は、コエンザイムQ10が脂溶性である点です。
脂溶性とは、油に溶けやすい性質を持っていることを指す言葉で、コエンザイムQ10も、この性質を持っています。
そのため、食事によって体内に取り込まれた油分と混ざり合い、コエンザイムQ10の吸収率がアップすることが期待できます。
また、いぶきの実の愛用者からは「夜寝る前に飲むと調子が良い」という声が多いです。
寝る直前になってしまうと胃に負担がかかったり吸収率が悪くなってしまうので少なくとも就寝2時間前くらいには飲んでおきたいですね。

 

サプリメントの効果を得るためには、まずは飲み続けることが大切です。
ご自身の忘れにくく飲みやすい時間を設定して飲みましょう。

 

いぶきの実は毎日飲んだほうがいい?

せっかく効果があっても毎日継続しなければ効果も薄れてしまいます。
いびきや歯ぎしりへの効果をしっかり感じたい場合は毎日忘れずに飲むことが大切です。

 

例えば恋人と旅行に行くときにだけ飲んでも即効性はないので注意が必要です。
いぶきの実は飲み続けることで体を改善していびきや歯ぎしりの改善が期待できます。

 

どのくらいで効果を実感できる?

 

体の細胞の入れ替わりにはおよそ3ヶ月の期間がかかります。
個人差もありますが目安として3ヶ月は続けることがおすすめです。

 

早い人では2週間くらいで効果を感じることもあるようです。
その場合は疲労の軽減などの体調の変化といったことが多いです。

 

いびきへ効果を期待する人はある程度長期間を見込んで継続していきましょう。

 

まとめ

薬やサプリメントを飲む習慣がない方にとって、いぶきの実を毎日継続して飲むことは、慣れるまでの間は大変なものでしょう。
しかし、いぶきの実の効果を最大限に引き出すのに最も大切なのが、この『継続して飲む』ことなのです。

 

習慣化されるまでは大変だと思いますが、毎日同じ時間に飲むなど自分でルールを決め、絶対いびきを改善させるという強い意志で飲み忘れを防ぎましょうね^^

 

 

関連記事

いぶきの実の口コミ評判は嘘?実際にお試しした効果を大暴露!